神戸大学 植物遺伝学研究室へようこそ

だだいま学生募集中!

いきものには必ず寿命があります。地球上に生命が誕生して以来37億年もの間、この生と死のサイクルは繰り返されてきました。ハードウエアとしての生物にはこのように寿命がありますが、生命のソフトウェアである遺伝情報は親から子、子から孫へと途切れることなく連綿と受け継がれてきました。このことは私達を含めた全ての生物が共通の遺伝原理に基づいて「命」を紡いでいることを表しています。この膨大な遺伝情報はDNAの暗号として染色体に刻まれているのですが、進化の過程でこの情報にわずかな変異が起こります。このため我々を含めて生物はそれぞれに多様なのです。 植物遺伝学分野は、そんな遺伝原理の普遍性と生物の多様性を、植物を材料に科学する学問分野です。コムギの栽培種や近縁野生種を材料として遺伝学的研究を展開し、農学・生命科学の発展に寄与することを目指しています。 植物遺伝学分野では、成果が作物の品種改良に役立てられることを念頭に置きつつ、農業上重要な形質や環境適応に関わる遺伝子群やゲノムのダイナミクス、さらに種内の分化や新たな種の形成、異質倍数体の進化機構について遺伝学の立場から研究を行っています。

ニュース

神戸大農学部同窓会「六篠会」

2017年12月26日 00:00
H29年12月25日発行の神戸大農学部同窓会「六篠会」の会報No.32に、 植物遺伝学研究室の研究室紹介が載りました。  

タルホコムギの日長感応性に関する論文がEuphyticaのonlineに掲載されました。

2017年12月08日 13:18
Natural variation in photoperiodic flowering pathway and identification of...

Aegilops umbellulataが、PMBの表紙を飾りました。

2017年11月27日 00:00

西嶋君の仕事がGeneticaに掲載されました。

2017年11月04日 16:52
Nishijima R, Ikeda T, Takumi S (2017) Genetic mapping reveals a dominant awn-inhibiting gene...

吉田助教が准教授に昇任しました。

2017年11月02日 08:03
11月1日付で神戸大学先端融合研究環から神戸大学大学院農学研究科に配置換えになり、准教授に昇任されました。

岡田さんの仕事がPMBに掲載されました。

2017年11月01日 11:15
Aegilops...

新歓をしました。

2017年10月03日 22:37
三宮の居酒屋で新歓をおこないました。 OGが来てくれました。

コムギの染色体数決定と倍数生発見100周年記念国際シンポジウム

2017年09月16日 12:11
坂村徹博士の功績を讃えたシンポジウムに皆で参加してきました。 坂村博士がコムギの染色体数を決定に至った経緯について常脇先生より 説明がありました。  

カンザス州立大学の Bikram S. Gill先生にお会いしました。

2017年09月14日 17:42
京大でのセミナーに参加してきました。 Bikram S. Gill先生のコアなコムギ遺伝学のお話を聞くことができました。 有意義な議論をすることができて、非常に充実したセミナーでした。

eWISのHPにコムギ種子からのRNA抽出法とRT-PCRの内部コントロールに関して報告しました。

2017年08月29日 18:00
eWISのHPにコムギ種子からのRNA抽出法とRT-PCRの内部コントロールに関して報告しました。 https://shigen.nig.ac.jp/ewis/index.jsp S. Takumi,...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>