研究室の歴史

植物遺伝学研究室は、60年以上の歴史を持っています。初代教授は望月明先生で、次いで小野一先生、金田忠吉先生、中村千春先生と4名の先生方が教授をつとめてこられました。
1954年 遺伝学研究室として設置(兵庫農科大学)
1966年 神戸大学へ兵庫農科大学から国立移管
1968年 防疫遺伝学研究室として植物防疫学科へ
1993年 農学部改組に伴い植物遺伝学研究室に(生物環境制御学科)
2007年 農学研究科への大学院重点化(生命機能科学専攻に所属)

歴代メンバー