RNA-seqによるタルホコムギの遺伝マーカー作出の論文がMGGに掲載されました。

2016年05月06日 07:29

大学院生の西嶋さんが筆頭著者の論文

「Genome-wide identification of novel genetic markers from RNA sequencing assembly of diverse Aegilops tauschii accessions」

がMolecular Genetics and Genomicsに掲載されました。

https://link.springer.com/article/10.1007/s00438-016-1211-2

RNA-sequencingによるタルホコムギの遺伝マーカー作出の論文で、他の2倍体のTriticeaeにも応用できる方法を紹介しています。